モチベーションが上がる動画を見つけたので紹介したい

モチベーション 動画

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

僕は英語学習にYoutubeなどの動画を使うことがあるのですが、最近その中で強く心に残るものを見つけました。

「世界を変えたい人の心得」(If You Want to Change the World, Start Off by Making Your Bed)という動画になります。

参考 世界を変えたい人の心得VoiceTube

タイトルに世界を変えると入っていますが、別に世界を変えたい人だけに向けた動画ではありません。

何かを変えたいけど何をしていいかわからないと、毎日もがきながら生きている人にはぜひ見てほしい動画です。

ついでにこの動画を英語学習に使えば、英語も学べてモチベーションもアップするので一石二鳥ですよ(笑)

世界を変えたい人の心得

まずはベッドメーキングから

スピーカーであるWilliam McRavenさん(アメリカの元海軍大将)が言うには、世界を変えたいならまずはベッドメーキングから始めなさいと言います。

理由は以下の3つです。

その日の最初のタスクを完了させられるから

その日の最初のタスクを完了させることで、また次のタスクを完了させようという気持ちがわきます

それがその日に行わなければならないことを次々と達成していくことにつながり、一日の終わりにはたくさんのタスクを完了出来るのです。

習慣づけのためにはベイビーステップ(小さな一歩)から始めることが大事だと言います。

まずは小さなタスクを完了させることが、次のタスクを完了させることにつながるのです。

人生における小さな物事の重要性を、より強く認識できるから

些細なことすら正しく出来ないのであれば、大きなことが出来るはずがありません

ベッドメーキングは本当に些細なタスクです。

それが出来ない人なんて恐らくほとんどいないでしょう。

しかし逆に言えば、誰にでも出来ることすら出来なかったら、世界を変えるなんて出来るはずが無いのです。

どんな大きなことも小さなことから始まります。

だからたとえそれが小さなことだとしても、やらなくていい理由にはならないということですね。

家に帰ったらベッドがきれいに整っているから

朝起きてベッドメーキングをするということは、家に帰ったらベッドがきれいに整っているということでもあります。

自分できれいに整えたベッドを見ることで、明日が良い日になると勇気づけられる効果もあるそうです。

例え小さなことだとしても、自分で何かを成し遂げたことは嬉しいことであり、それが次の日を生きる活力にもつながるのです。

サメから逃げるな

SEALs(特殊部隊)のトレーニングに合格するための1つのテストに、夜間水泳なるものがあるそうです。

その名の通り、夜の暗い海を長距離泳ぐテストですね。

そのテストを行う前に、インストラクターたちは生徒にその海に生息するサメの種類の話をするそうです。

ただし、もちろん今までサメに襲われたことがある生徒はいないから安心しろとも伝えます。

彼らが覚えている限りでは、の話らしいですが(笑)

しかしながら、もしサメが現れ自分の周りに漂いだしたら、正当防衛をして決してそこから逃げるなと言います。

恐れを見せて逃げるのではなく、勇敢に立ち向かえと。

鼻先を思いっきり殴ってやれば、サメは逃げるのだと。

何故こんなことを言うのか、それはこの世界にはたくさんのサメが存在し、僕らはそれらに対応しなければならないからです。

恐れて逃げるのではなく、立ち向かわなくてはならないのです。

人の価値はハートの大きさで測る

SEALsのトレーニングに、7人乗りのボートに乗り、より早く海岸を目指すものがあります。

そのトレーニングにおいて最も優秀だったチームは、背の低い人たちだけが集められたチームだったそうです。

背が低いだけでなく、彼らは純アメリカ人ではなく、アフリカ系アメリカ人やイタリア系アメリカ人などの集まりでした。

一見ハンデだらけのチームにも思えてしまいますが、結果的には他のどのチームよりも彼らが優秀だったのです。

つまり、成功するには肌の色や教育、社会的地位などは関係ないのです。

人の価値は、ハート(心)の大きさで測りましょう

その日のタスクを完了させることが、世界を変えることにつながる

この動画を通してWilliam McRavenさんが伝えたいことは、1日1日その日のタスクをしっかりと完了させようと言うことです。

ものすごく小さなことで、簡単なことのように聞こえるかもしれません。

しかし、それは世界を変えることに繋がります

飛躍しすぎだと思う人もいるかもしれません。

ですが偉人と呼ばれる人たちの行動ですら、細かく紐解いていけば小さなタスクから始まっているのだとも言えます。

自分のために行う小さなタスクが、他人のために行う次のタスクへと繋がります。

その次のタスクがどんなに困難なことであっても、諦めずにリスクを取ってでも挑戦することで、どんどん大きなことを達成していくことが出来ます。

そして、それが世界を変えることにつながるのです。

終わりに

今の僕は別に世界を変えようという意志は全くありません。

世界を変える前に、自分自身を変えたいです。

こんな何者でもない自分を、毎日をぐだぐだと目的も無く生きてしまう自分を変えたいと思っています。

そのためには、毎日目の前にあるタスクをしっかりとこなすことが大事なんだと、この動画から学びました。

見ると本当にスッキリするしモチベーションも上がるので、ぜひ視聴してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です