甲子園が好きになれない理由。高野連の老害はさっさと消えればいい

甲子園

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

毎年この時期に盛り上がる甲子園ですが、僕はどうしても好きになることができません。

プロ野球より甲子園の方が面白いっていう人もいますが、僕はどっちかと言えばプロ野球を取ります。

まぁ実際にはどっちも好きではないんですが。。。

自分が嫌いなものを何故嫌いなのかと説明出来ることは何事においても大事だと思います。

ただ感情的に嫌いって言ってるだけだとなんだか子供っぽいですからね。

たとえ自分の思う論理があまり優れていないとしても、そこに自分なりの論理をもって説明することが求められます。

ということで、僕が甲子園を好きになれない理由を書いてみましょう。

甲子園が好きになれない理由

高野連が頭でっかちすぎてアホだから

一番の理由は、高野連のお偉いさん(?)共があたまでっかちな人ばかりでアホだと思うからです。

ここ最近良く聞く、女子マネージャーが練習場に立ったら係員がダッシュでやってきてベンチに戻させるというニュース。

これって本当にアホだと思います。何故女子だとグラウンドに立ってはいけないのでしょうか?

怪我すると危ないからとかいうもっともらしいような理由をつけていますが、完全にただの男尊女卑的なやつだと僕は思います。

甲子園は男の戦場だから、女は足を踏み入れてはいけない。みたいな、時代錯誤的な考え方ですね。

大体その女子マネージャーがグラウンドに立って怪我したって、別に高野連に責任はないでしょう。

その子の自己責任か、チームの監督の責任なだけですし、そもそもその子が強制的にグラウンドに立たされるわけではないはずですから、そこに高野連が口を挟む問題はありません。

ほんとバカすぎますよね。こんなことがニュースになること自体が日本の恥です。

老害も大概にして欲しいですね。

このニュースを見るたびに、僕は甲子園がどんどん嫌いになります。

スターばかりを追う

テレビの視聴率とか新聞の購読率を上げるといったビジネスライクな部分があるのはある程度仕方がないと思います。

しかし高校野球とは、本来は野球を通して健全な精神を養う、みたいな意味合いがあるはずです。

それは決して一人のスターだけに当てはまるものではなく、高校野球をやっている人全てに当てはまるものであり、誰か一人に焦点を当てるべきではないですよね。

誰にだってその人のストーリーがあり、またどのチームにもそのチームのストーリーがあると思います。

ただ一人のスターの活躍に焦点を当てるのではなく、色んなチームの色んなストーリーに焦点を当てたほうがよっぽど健全的ではないでしょうか?

例えば最近北関東で野球用具が盗まれる事件が多発しているらしいです。

事件の詳細についてはここでは置いておき、その後道具を盗まれたチームには何が起きたでしょうか?

なんとその近辺の高校や他の方々から、練習用具を寄付していただいたそうです。それにより、盗まれたチームもまた練習を再開できたとのこと。

このようなストーリーこそ、真に報道されるべき内容ではないでしょうか?

スターを追うのは、その子がプロになってからで全然いいでしょう。

なぜならいくら高校野球で活躍できたところで、その先で活躍できなければ何の意味もないのですから。

終わりに

とりあえず高野連はどうにかして欲しいですね。

どの世界でもそうですが、既得権益にすがることしか出来ないバカな老害共がのさばるせいで、色々とおかしいことが起きるんですよね。

高校球児に健全な精神を求める前に、自分たち大人がまともな大人になりましょうよ。

高校野球だけに言える話ではないですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です