電子書籍のメリットを教えよう。kindleアプリは必須だ

kindle

僕は本屋に行くのが好きです。例えば人と待ち合わせる前とか、駅で電車を待つ時に近くに本屋あるとよく立ち寄ります。

しかしそこで立ち読みはするものの、その場で手に取ったものを購入することはあまり多くありません。

大抵実物をチラッと確認し、面白そうだと思ったらメモしておいて後で電子書籍版を買います。

実物の方が読みやすいなと思うこともありますが、基本的には電子書籍の方がメリットが多いからです。

そんな電子書籍のメリットを紹介します。

電子書籍のメリット

携帯性が良い=本を何冊も持ち歩く必要がない

まずはその携帯性の良さです。

実物の本を2冊も3冊もかばんに入れて移動するのは重いしかさばるので嫌ですよね。

だけど電子書籍だったら、リーダーとしてのデバイスさえあれば容量の限りまとめて持ち運ぶことが出来ます。

リーダーとしてのデバイスには、電子書籍専門のデバイスとしてはAmazonのkindle、または楽天のkoboなどがありますが、実はiPhoneやAndroidでもアプリを入れれば簡単に読むことが可能です。

僕はkindle paperwhiteという機種を所有していますが、イラストや画像が多い本の場合この機種だと読みにくいため、タブレットのkindleアプリで読むことにしています。

ちなみにkindle paperwhiteという製品はそれ自体がとても薄く軽いため、本を持ち歩くよりかさばらないし軽いのでなかなかお勧めです。旅行に行くときの必需品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です