足の臭いを消したいならこの方法を試してみよう!対策を教えます

足の臭い 対策 方法

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

ビジネスマンなら多くの方が毎日革靴を履くと思いますが、臭いのケアをちゃんとやっていますか?

自分の机の下では靴を脱いで靴下をさらけ出している人、下から臭ってきてはいませんか?(笑)

自分だけの居住空間にいるならまだしも、他人の方と共同で使うスペースにいることが多いのなら、足の臭いのケアはちゃんとしたいところですよね。

僕も少し前にすごく自分の足の臭いが気になっていた時期がありました。

体質的に足汗をかきやすいので、すぐ蒸れてしまって気づけば嫌な臭いを発してしまうんですよね・・・

さすがに嫌なのでしっかり対策を取ったところ、今では大分改善されました

むしろタイミングによっては1日中革靴を履いた後でも無臭です。靴と靴下の素材の臭いしかしないこともあります(笑)

今日は僕がやっている足の臭い対策をシェアします

足の臭い対策

足の臭いを消す、もしくは減らしたいなら、素足・靴下・靴それぞれに対策をうつ必要があります。

調べるとそれぞれ色々な方法が出てきますが、今回はわかりやすく各1つずつ僕がやっていることを紹介しますね。

ポイントは、どれか1つだけやるのではなく全て一気にやることです。

でないとせっかくどれかをきれいにしたとしても、それが他の臭い源にやられてしまい、またすぐ臭くなってしまうので・・・

ちなみに消臭スプレーを靴にぶっかけるだけでは足りないことが多いので、消臭スプレーだけに甘えるのはオススメしません(笑)

素足のケア

お風呂に入った時、足を洗わない人はいませんよね?

しかしながら、実は洗っているはずなのに臭いってことがあるんです。

試しにお風呂上がりに臭いをかいでみてください。

ここで臭いが気にならなければ問題ありませんが、もし臭いが気になるのなら、一度重曹足湯を試してみてください。

重曹足湯とは、その名の通り重曹を溶かしたお湯に足をつけることです。

やり方は簡単です。

1.洗面器に足を入れても溢れない程度のお湯を入れる

2.大さじ2~3杯ほどの重曹を入れる

3.20分ほど足をつける

足をつけている間は読書や音楽を聞いて過ごしていればOKです。

重曹は掃除用ではなく、食用のものを使うことをオススメします。

注意
肌に合わない場合(肌荒れする、しみるなど)はやめましょう。

1回だけでは完全に臭いがとれないかもしれませんが、数日やると大分変わりますよ。

靴下のケア

靴下が臭いの元なら、もはやその靴下は天珠を全うしたので潔く捨ててしまいましょう。

そして新しい靴下に変えれば、一瞬で靴下の臭いは解決します

靴下って、菌が溜まっちゃうと普通に洗濯機に入れて洗濯しただけだと臭いが取れないんですよね。

タオルとかもそうなんですが、重曹水につけたりお湯に入れて煮沸したりしないと駄目です。

靴下は消耗品なので、こんな面倒なことをするぐらいならいっその事捨ててしまい、新しいのを買ったほうが早いです。

特に毎日革靴を履くビジネスマンの方の場合は、数カ月に1回とかでもいいのでどんどん変えてしまった方がいいですよ。

ちなみに5本指ソックスにすると蒸れも少なくなり、普通の靴下より臭いがつきにくくなります。

人前で見えてしまうと(飲みの席が座敷の場合など)少し恥ずかしいですが、健康にも良いみたいなのでおすすめです。

靴のケア

靴のケアは、一番簡単な方法を紹介します。以下の商品を使うことです。

これと同じ靴の消臭製品としてグランズレメディという製品もありますが、僕はコチラを使用しています。

理由は単純で、こっちは日本製で少し安心するからです。

使い方も簡単でs。靴の中にこの粉を入れて、そのまま履くだけです。

素足だとも使えるかわかりませんが、靴下を履いた状態ならそのまま履いて問題ありません。

最初は白い粉がつきますが、気づくと消えています。ついでに消臭もされます。

インソールを変えるという方法もありますが、この粉を使うことでインソールを変える必要がなくなるので、かなりおすすめです。

量に対しての値段が少し高く感じるかもしれませんが、数日使って臭いが消えたらしばらく使う必要がなくなるので、意外と持ちますよ。

終わりに

足の臭いのケアを全くせずに悪臭を漂わせている人がたまにいますが、本当にカッコワルイと思います。

もはや公害です。大人ならそこはちゃんとケアしてほしいですよね。

もしかしたら自分も気づかないうちに悪臭を発しているかもしれないので、一度確認してみてください。

そしてもし臭うようだったら、上記の方法でケアしましょう。自らが公害とならないためにも。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です