熱帯夜にクーラーをつけずに寝る方法

sleep

こんにちは。

毎日熱帯夜ですが、気持ちよく寝ることが出来ていますか?

僕は最近毎日夜が暑すぎて、まともに眠れている気がしません。

もう少し経てば体もこの暑さに慣れてくるとは思うのですが、如何せん暑すぎて毎晩深夜に一度目が覚めてしまいます。

寝ているときもずっと夢を見ている感覚があるので、おそらく眠りが浅いのでしょう。

かといってクーラーつけて寝たくても、電気代の心配と嫁の反対があるせいでつけられるのは扇風機のみ。

一体どうすればこの状況下でもっと快適に眠ることが出来るのでしょうか?

いくつか方法を考えてみました。

熱帯夜にクーラーをつけずに寝る方法

扇風機をまわしっぱなしにして寝る

クーラーがつけられない分、扇風機はずっと回しっぱなしにして寝るしかないですね。

ただし、直接体に当ててしまってはいけません。

扇風機を直接当ててしまうと、夜たくさんかく汗をどんどん気化してしまい、その結果体温を冷やしてしまいます。

体温が冷えると血行が悪くなるので、朝起きたときに体がだるいってなるんですよね。

僕は何度かこの失敗をしたことがあります。暑すぎてずっと体に扇風機が当たるようにして寝たら、朝からだがだるくてしょうがなかった。

なので扇風機をつけっぱなしにする際は、必ず首をふる設定にしましょう。

その際上向きにしておいて、循環した風が自分に当たるぐらいがちょうどいいと思います。

氷枕を抱いて寝る

氷枕にタオルをまいて、それを抱いて眠るなんて方法もあります。

熱が出たときに良く使う氷枕がありますよね。それを頭の下におくのではなく、抱き枕的に自分のそばにおいて使う方法です。

あまりの暑さに耐えられないときは、僕はよくこの方法を使います。

冷凍庫のスペースに余裕があるのなら、2Lペットボトルに水を入れて凍らせておいて、それにタオルをまいて置くのもありです。

朝起きたときにはぬるくなっているので、体が冷えすぎる心配もありません。

デメリットは、冷凍庫のスペースを奪われるってことですね。

シーツを冷感タイプにする

ホームセンターやニトリなどでよく売っていると思いますが、冷感タイプのシーツに変えるという手もおすすめです。

ただし、決して安物を買ってはいけません。安いやつは全く冷たさを感じないので、買うならある程度高いものにしましょう。

 

こんなやつですね。

ちなみに僕が狙っているのはニトリのNクールダブルスーパーというやつです。

かなりの人気商品らしく、今ネットで見たらなんと入荷が8月中旬とのこと。

近くのニトリに売ってないか確かめにいってくるつもりですが、さすがに8月中旬まで待つのは嫌ですね・・・

Nクールダブルスーパー

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/7562883s?ptr=item

終わりに

夜まともに眠れないと次の日にも悪影響が出てしまうので、何とか工夫して快適な眠りを手にしたいものですね。

またおすすめの方法があったら紹介しますが、とりあえずニトリの商品をゲットできるようがんばりましょう。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です