鼻血が出る原因とその予防法。鼻血が良く出る僕がやっている止め方も教えます

鼻血 原因 止め方

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

僕は鼻炎&花粉症(および若干のハウスダストアレルギー)持ちということもあり、しょっちゅう鼻をかみます。

そのせいか、鼻の粘膜を傷つけやすく、鼻血が出ることもしばしば。

お風呂上りに鼻血が出たり、鼻をかんだ拍子に出たりと、結構大変なんですよね。

今日なんて職場の自分の机で鼻をかんだら鼻血が出たせいで、ネクタイと机の上まで若干被害が出る始末・・・

元々鼻が弱いと言うことが原因だとは思いますが、これがたまに長続き(なかなか血が止まらなかったり、毎日鼻をかむたびに血が出たりと)するんですよね。

もしかしたら原因が別のところにもあるかもしれないので、ちょっと調べてみることにしました。

また、その止め方もあわせて調べてみたので、以下にてシェアします。

注:医学的根拠等はわからないので、あくまで参考程度にしてみてください。あまりに酷い場合は病院に行くことをおすすめします。

鼻血が出る原因

血管を傷つけてしまった

僕の場合、一番多いのは鼻をかんだ際に血管を傷つけたことで、そこから出血しているものだと思われます。

調べてみると、鼻の中には細い血管が網目状に張り巡らされている部分があるらしく、そこを傷つけることで鼻血が出るらしいです。

鼻をかみすぎたりいじりすぎたことによって出る鼻血は、この血管を傷つけたことによるものみたいですね。

病気などといった理由ではなさそうなので、鼻をかむ頻度を下げたりやさしく噛むようにすれば予防できそうです。

粘膜が乾燥する

鼻の中にある粘膜は、いわゆるバリア機能としての働きを持つそうです。

しかし冬などになり空気が乾燥すると、この粘膜も一緒に乾燥してしまい、バリア機能が弱まるのだとか。

結果、鼻血が出ると言うわけです。

冬は乾燥しやすいのに加えて、室内もエアコンなどにより乾燥しがちですよね。

これは加湿器を利用したり、マスクをするなどして予防できるでしょう。

ストレスや寝不足、疲労

ストレスや寝不足、疲労も鼻血が出る原因だそうです。

僕も確かにストレスが溜まっているなと感じるときは、鼻血が出ることが多い気がします。

ストレスは万病の元とも言うぐらいですからね。また、寝不足や疲労も様々な障害を引き起こす原因なので、そこに鼻血が含まれていてもおかしくありません。

また、この場合は自律神経失調症という病気にかかっている可能性があるみたいです。

鼻の毛細血管が切れやすくなり、鼻血が頻繁によく出るようになるとのこと。

この予防方法としては、十分に休息を取るしかありませんね。

疲れているな、ストレス溜まっているなと感じたら、積極的に休息をとるようにしてリラックスしましょう。

病気によるもの

あまりに頻度が多かったり、出た後止まるまで時間がかかるようでしたら病気を疑ったほうが良いでしょう

僕は医者でもなく医療に詳しいわけではないので、申し訳ありませんがここではその病名等については触れないことにします。

下手に不安をあおってしまっても逆効果ですからね。

上記にあげた理由にあてはまらないようでしたら、病気を疑い病院で診察を受けたほうが良いかもしれません。

鼻血の止め方

鼻血の止め方については諸説ありますので、ここでは僕がやっている方法を紹介します。

調べてみたところ、一応この方法が間違いだと言うことは特に見当たらず、比較的正しい対処方法のようです。

1. ティッシュをつめる

まずは鼻血がたれないように、ティッシュを適量破って鼻の穴につめます。

2. まっすぐ向いたまま鼻の上部をつまみ、そのまま5~10分ほどキープ

決して上や横を向いたりせず、前を向いたまま鼻の上部を人差し指と親指でつまみ、そのままキープします。

鼻血が止まったかなと思ったら一度ティッシュを取り除き、別のティッシュをやさしくつめます。

そのティッシュが鼻血まみれにならなければOK!僕の場合はこの2ステップで大体5分もすれば止まります。

ただしその後鼻をかみたくなっても、あまり強くかまないよう注意しましょう。

血が固まりきっておらず、血管も修復されきってないとまたすぐ鼻血が出てしまうので・・・

終わりに

これからは乾燥する時期ですし、また年末に向けて忙しい時期でもあります。

僕みたいに鼻炎などを持っているとついつい鼻をかむ頻度が増えてしまうかもしれませんので注意が必要です。

あまりいじりすぎないよう、一緒に我慢しましょう。

僕の場合は鼻血の原因がただのいじりすぎ、もしくは乾燥やストレスっぽいのであまり問題がなさそうですが、もし何もしていないのに鼻血が出る、なかなか止まらないといった症状が出るなら、すぐに病院に行ってくださいね。

何事も早め早めの行動が大事です。お大事になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です