飲みすぎた後でも二日酔いを抑える方法。水を飲むのが一番だ

二日酔い 防止方法

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

あなたはお酒が強いほうでしょうか?それとも弱いほうですか?

僕は昔はそこそこ飲めたつもりですが、最近は飲む機会がかなり減ったため、だいぶ弱くなってしまいました。

飲むとすぐ顔に出るし、頭が痛くなったり眠くなったり、心臓の音が良く聞こえるようになります(笑)

なので出来ればあまり飲みたくは無いのですが、職場の付き合い等でどうしても飲まなければならない時ってありますよね。

セーブしようと思っていても、自分より立場が上の人などがたくさん飲んでいるのを見ると、飲まないと申し訳ないという気持ちになることもあると思います。

飲み会が終わった時に飲みすぎたことに気づき、下手したら電車で吐くレベルまで気持ち悪くなる。

そして次の日は安定の二日酔い。こんなことないですか?

飲みの当日だけならまだしも、その翌日まで二日酔いで気持ち悪さや頭痛が続くのって本当に辛いですよね。

そこで今回は僕がやっている、飲みすぎた後でも効果がある二日酔い防止策を紹介します。

誰にでも効果があるかはわかりませんが、少なくとも僕はこの方法でだいぶ二日酔いを抑えることが出来ますので、是非試してみてください。

とにかく水分補給が一番

飲みすぎてしまったなと思ったなら、まずはとにかくひたすら水分補給しましょう

飲み会が終わったら、まずはコンビニに駆け込み、最低でも500mlのペットボトルの水かお茶を、出来れば1L以上のものを最低1本購入してください。

そしてすぐに全部飲み干すのです。全部ですよ。

そうすることで、体内のアルコール濃度を下げることが出来ますし、また脱水症状の防止にもなります。

但しここで気をつけなければいけないのは、購入するのはあくまで水かお茶、つまり味のほとんど無いものにしてください。

そうしないと一気に飲み干すのが難しいですし、甘いものとかにおいの強いものだとそれが原因で吐き気につながることがあるからです。

おすすめはただの水です。メーカーとかは何でもいいので、とりあえず水を買って飲みましょう。

ちょっとでも気持ち悪かったら吐いてしまう

その後少しでも気持ち悪さが残るようだったら、とりあえずトイレに駆け込んで吐いてしまいましょう

そうすることで、その後の移動の最中に吐いてしまうという最悪の事態を防ぐことが出来ます。

また、これは飲みの最中にも席を外せるタイミングがあれば是非トイレで行ってみてください。

ちょくちょく吐いておくと、後がだいぶ変わってきますよ。

せっかく食べたのに、飲んだのに勿体無いとは思わずに、体内から余分に取りすぎたものを出しましょう。

翌朝シャワーを浴びる

翌朝おきて少しでも二日酔いの症状がある感じなら、シャワーを浴びましょう

飲んだ日に家に帰って浴びるのもいいですが、個人的には寝起きに浴びるほうがより良い気がします。

眠気も覚めるので、一石二鳥です。

終わりに

もちろん一番良いのは飲みすぎないことですが、忘年会の時期などはなかなか難しいですよね。

そんなときは、事後処理をうまく行うことがとても大事になってきます。

水を大量に飲むと言うシンプルな行為だけでもだいぶ変わりますので、是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です