ジムに通ってみてわかったデメリットを3つ紹介します

ジム 筋トレ デメリット

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

僕は今年の3月からジムに週2~3通って筋トレをしていたのですが、近々それを辞めようかなと悩んでいます。

筋トレに飽きたわけではありません。成果は少しずつですが出ていますし、出来ることなら続けたいです。

しかしながら、最近ジムでの状況が変わってきた気がしており、あまりジムに行きたくなくなってきました。

ジムに通ってみたいけどどんな感じかわからないと言う人の参考になるかもしれないので、通い始めてから半年以上が経った今、改めてジム通いのデメリットを書いてみることにしました。

ちなみに以前にもジム通いのメリット・デメリットを書いたことがあるので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

筋トレジムに通って1年経ったので、メリット・デメリットを3つずつ紹介します

ジム通いのデメリット

自分のペースで筋トレできない

僕が通っているジムは、僕が通い始めた頃はまだ比較的人も少なくてすいていました。

そのため数少ないフリーウェイトのエリアも少し待てばすぐ使えましたし、他のマシンも大体自分の使いたいときに使えました。

しかしながら、その状況を危惧したのかジム側が毎月何らかの入会キャンペーンで無駄に人を増やし続けたため、最近は人が増え思うようにトレーニングできなくなってきたんです。

パワーラック(スクワットをする場所)からトレーニングを始めたいのに、1時間半まるまるタイミングが合わず使えないなんてことも最近あります。

更に、来月からフリーウェイトはボードに名前を書いて一人30分という制限がつくことになるらしいのです。

正直、僕は今のジムでこの制度がうまくいくとは全くもって思えません。

しかも一人30分とか長すぎる・・・僕が行くのは夜9時ごろ、ジムの営業終了時刻は夜10時半。

この時間帯は結構混む時間帯なので、一人30分使われたら自分が使えない可能性が高いのは目に見えています。

全く、余計な施策を取ってくれるものですね。

すいているときに通えれば別ですが、仕事終わりじゃないなどといった制限がある方は、ジムに行っても自由に器具が使えるとは限らないと思っておいたほうがいいでしょう。

マナーの悪い人がいるとストレスが溜まる

筋トレをするのはストレス解消にも良いです。

しかしながら、あまりにマナーが悪い人が多いと逆にストレスを抱え込むことになります。

具体的には、使い終わった後器具についた汗を拭かないで去る、マシンを長時間独占する、二つ以上のマシンを掛け持ちするなどといったマナーの悪いバカが少なからず存在します。

何故かはわかりませんが、僕の通うジムには最近こういう輩が増えてきました。

もちろんこれはそのジムに通って始めてわかることですが、ジムによってはマナーの悪い人ばかりな可能性もあるので気をつけてください。

ちなみにスタッフは基本あまり役にたちません。度を超えて酷い場合以外は、常連には甘いのが当然であり、またマナーが悪いやつほどスタッフと仲のいい常連だったりするからです。

ジムまでの往復時間や着替える時間が勿体無い

これはジムから家までの距離などによりますが、最近僕はジムまでの移動時間と着替える時間が勿体無いと感じるようになってきました。

例えば自宅でトレーニングする場合なら、特に着替えなくても出来るところを、ジムに行く場合は必ず着替えなくてはなりません。

また、自宅ならやろうと思ったときにすぐトレーニングできますが、ジムに通うとなるとその往復時間が絶対的にかかります。

僕の場合は着替えと往復時間だけで20~30分は取られている感じです。毎日行くわけではありませんが、さすがに少し勿体無いかなと思うようになってきました。

それでもジムに行かなきゃ出来ないこともあるので、ここはトレードオフと言ったところなんですけどね。

終わりに

とは言え。正直なところジム通いを辞めたいとは思いません。

ジムじゃなきゃできないトレーニングもあるし、成果も出てきているのに辞めてしまうのは非常に勿体無いですからね。

しかし上記のようなデメリットを最近強く感じることもあり、すごく迷っています。

ジムに通って筋トレしようか迷っている方は、上記のようなデメリットも少なからず存在すると言うことは頭に置いといたほうがいいかもしれませんね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です