楽天でお中元を手配すればポイント稼げます。アイスがおすすめです(笑)

Wantedlyを使って転職活動をした感想。メリット・デメリットどっちもあるけどとりあえず使ってみるのはおすすめです

Wantedly おすすめ メリット デメリット

Wantedlyを使って転職活動してみたいけど、内定を貰えるか不安。そもそもWantedlyってどうなんだろう。

そんな風に考えているなら、とりあえず使ってみてもいいサービスかなと自分は思います。

自分はWantedlyを使って就職活動をしたことがあれば、内定をもらったこともあります。

Wantedlyは他の転職サイトとは大きく異なる点があり、使い方も若干独特です。

今日の記事ではそんなWantedlyを使って転職活動をしたときの感想をシェアします。

Wantedlyは職務経歴書や履歴書の登録が必要ない

Wantedlyでは職務経歴書や履歴書を登録する必要がありません。

その代わりに、自由にプロフィールを書くことの出来る欄があります。

求職者としてはこのプロフィール欄でいかに自己アピールが出来るかが大事であり、またこのプロフィールを人事の方は見ています。

ここを充実させることができれば、企業からのスカウトをもらう可能性も高くなるので、ガチでWantedlyを使って転職したいならプロフィール欄はかなり大事です。

とは言うものの、職務経歴書や履歴書が全く不要かと言えばそうではありません。

面接まで進むとなると、その時点で提出が求められる企業がほとんどだったので、作成だけはしておくべきでしょう。

面談まで簡単に進めるのはかなり良い、ただし・・・

Wantedly最大の特徴は、企業の方と面談できる確率が非常に高いことです。

よくカジュアル面談という言葉が使われますが、つまり本格的な面接に進む前に、一度お互い会って色々話をしてみようという場をセッティングしてくれます。

応募の際に、ただ話を聞いてみたいだけなのか、すぐにでも面接に進みたいのかを選べるので、まずは会って話だけしてみたいという人はとりあえず話を聞きたいと言う体で応募することが可能です。

ただし、必ずしも会えるわけではありません。

企業によっては返信すらくれないこともあるので、そこは過度に期待しないほうが良いかもしれませんね。

一方、カジュアル面談とは言いつつも、いきなりガチの面接をしてくる企業もあります。

こっちはカジュアルな感じで訪問したのに、職務経歴書・履歴書の提出を求められ、それを元に形式的な面接をしてくる感じです。

Wantedlyだけではなく、複数の媒体を使って募集をかけている企業に多いパターンだった気がします。

カジュアル面談とは言え、企業によってはガチの面談になるケースもあるということは留意しておくべきでしょう。

プレミアム会員になるとスカウト数が増える

Wantedlyにはプレミアム会員という有料サービスがあります。

最初の1週間は無料なので試してみましたが、プレミアムじゃないときよりスカウトをもらう数が増えました。

公式サイトでは10倍になるとうたっていますが、あながち嘘ではないです。

ただし、それはあくまでプロフィールをしっかり埋めていればのはなしであり、またスカウト数が増えたとしても良い企業からのスカウトとは限らないので、注意が必要です。

ちなみにプレミアム会員じゃなくても普通に内定もらえます。正直なる必要は無い気がします。

掲載企業はほとんどベンチャー

Wantedlyに掲載している企業はほとんどがベンチャーです。

出来たばかりのまだ数人しかいないベンチャーから大企業クラスのベンチャーまで、かなり幅広く掲載されています。

会社の紹介文がすごく魅力的なのに、面談に行ってみたらオフィスがメッチャ狭いとかもあるので、そこの見極めは必要です。

そこそこ体制が整っていて、オフィスもしっかりしてる企業が良いという方は、特に注意してください。

むしろWantedly以外を使うほうが良いかもしれません。

Wantedlyを使うべき人

Wantedlyはこんな人が使うべきだと思います。

・とにかくいろんな企業に会って話を聞きたい人

・ベンチャーに転職したい人

・自分をアピール出来る人

転職エージェントや普通の求職サイトだと企業に会うところまで行くことすら難しい場合が多いと思いますが、Wantedlyならそこのハードルがかなり低いです。

そのため、色々と話を聞いてからじゃないと転職を決められないという人や、とりあえず話を聞きに行きたいと言う人ならWantedlyは絶好のサービスです。

また、ベンチャーへの転職を希望しているなら、とりあえずWantedlyは登録しておくべきだと思います。

それから、自分をしっかりとアピールできる人はWantedlyを使って転職活動するのに向いているでしょう。

なぜならベンチャーは一般的な企業以上に、実績やその人の価値を求めてくるからです。

一般的な企業だったら、和を乱さなそうな人だったら採用するとか、無難な人であればOKといった採用基準が存在する場合もありますが、ベンチャーには能力のない人を採用する余裕がありません。

なので自分をアピールすることすら出来ない人は落とされる可能性が高いです。

自己アピールをしっかりできる人であれば、Wantedlyを使っての転職が可能だと思います。

Wantedlyを使ってみて感じたデメリット

一方、Wantedlyを使ってみて感じたデメリットもあります。

1つは、お金の話をしにくいということです。

Wantedlyの掲載文には、給料や福利厚生の話を記載することが禁止されています。

なぜなら待遇を重視した転職ではなく、一緒にはたらく人や業務内容を重視した転職活動をWantedlyは推奨しているからです。

そのため、Wantedlyだけだと実際にどのぐらいの給料が見込めるのか、福利厚生がどんなものなのかを事前に知るのは難しいという事実があります。

面談の際にそれとなく聞くことも出来ますが、給料などの待遇を重視するのであれば他のところへ行けと思う企業も多いので、お金の話がしにくいというのは大きなデメリットだと思います。

また、これは少し偏見も混じっていますが、Wantedlyで採用を担当している人の中には偉そうに振る舞ってくる人もちょくちょくいます。

まだ社会的な知名度は低いのに、新しい(と思われる)ことをやっているというだけで、またはやっている企業の役員というだけで、高圧的だったり偉そうな態度を取ってくる人がいるのも事実です。

普通に会社員をやってたというだけの経歴だと、けちょんけちょんに言われることもあります。

なぜその仕事だったの?ビジョンは?実績は?うちに来たら何できるの?みたいなことを偉そうに聞かれたり・・・

上記の様な感じで聞かれた上で落とされるならまだマシですが、カジュアル面談で当たり障りのない話しかしてないのにお祈りメール送ってくる企業もいるので、このあたりは厄介ですね。

もちろん企業によりけりですが。

おわりに

メリット・デメリット両方ありますが、ベンチャーへの転職を希望しているのであれば、Wantedlyはとりあえず登録しておくべきだと思います。

企業に気軽に会いに行けるというのは本当に大きなメリットです。

いくら掲載分が素敵でも、実際に会いに行ってみたらなんか違ったなんてことも多いですし、その逆パターンもあります。

また、内定という観点から言えば、普通の求人サイトや転職エージェント経由だと何週間もかかるのが普通なのに対し、Wantedlyなら即日内定なんてこともありえます。

転職活動に時間をかけたくない場合は、そういったチャンスを狙ってWantedlyを使ってみるのもありかもしれませんね。

転職活動の1手段として、ぜひWantedlyを使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です