スーツでも涼しく過ごす工夫。暑い夏もこれで乗り切ろう

suits

こんにちは。

7月初旬だというのに既に猛暑日が続きますね。昼間暑いだけならまだしも、夜まで熱帯夜になってしまうと睡眠の質が悪くなるのでほんと勘弁して欲しいです。

扇風機をつけっぱなしにしていても暑かったり、逆にずっと扇風機の風があたってるせいか体がだるかったりしますからね。どうしたものか。

 

そんな暑い中、今日も僕みたいなサラリーマンはあっつい格好をして職場へ向かわなければいけません。そう、スーツという戦闘服を着ていくのです。

一応上着は着なくてもいいし、ネクタイはつけなくてもいいのですが、それでもシャツをパンツにインしないといけず、スラックスも靴まで伸びているのでもう暑い暑い。

ちょっと外を歩いただけでものすごく汗をかいてしまうので、営業で外回りが多い人なんかほんと大変ですよね。

それでもスーツは着なきゃいけない、そんな僕らが少しでも涼しくすごす工夫を紹介します。

スーツでも夏を涼しく過ごすための工夫

下着はユニクロのエアリズムを着る

スーツの下に着る下着はユニクロのエアリズムを着ておけば間違いありません。

下はエアリズムインナー+エアリズムステテコをはいておくと、膝下までスラックスがこすれる感覚も軽減され汗でくっついたりしなくなるのでおすすめします。

上はエアリズムインナーの上からYシャツですね。エアリズムはベージュのものにしておけば透けないので、ベージュをおすすめします。白だと透けておっさんみたいに見えるので。

エアリズム

出典:ユニクロ

制汗スプレー&汗拭きシート

外回りの多い営業の方なら必ずバッグの中にこのセットは入っていると思いますが、暑い夏に制汗スプレーと汗拭きシートは欠かせません。

汗かいたらとりあえずYシャツの第2・3ボタンぐらいまで外して、一度制汗スプレーをシャツの中にかけましょう。

それから腕や首・顔を汗拭きシートで拭けば、すぐに汗が止まるとは行かないまでもだいぶすっきりします。

汗のにおいもとることができるので、一石二鳥ですね。

ただしにおいが気になるからといって、制汗スプレーやシートそのものに強いにおいが突いているものはおすすめしません。

無香料でも十分ですし、においつきのものならさわやかなにおいぐらいにしておかないと、逆に香水みたいに強いにおいを発してしまいますので。

シャツクール

朝エアリズムやYシャツを着る前に、シャツクールを吹きかけてから着ましょう。

これを吹きかけることで、朝シャツを着た瞬間から暑っってなるのは軽減することが出来ます。

持続力が短いのが難点ですが、それでもこれを吹きかけるのとかけないのとでは大違いです。

サイズが大きいものが多いので持ち運びが大変ですが、職場のロッカーや引き出しの中にひとつ忍ばせておくのもおすすめです。

暑いなって思ったらシャツの上から吹きかけるだけで、涼しさを感じることが出来ます。

 

ハッカ油

ハッカ油を水で薄めたものをスプレーボトルに入れ、それを体にかけるのもなかなかおすすめです。

びっくりするぐらいスースーするので、濃度は注意してくださいね。

体に害があるわけではないので、シャンプーやボディソープに混ぜて使う方もいますが、これも入れすぎるとスースーしすぎて、逆に寒くなります。

ちなみにハッカ油には虫を寄せ付けなくする効果もあるらしいので、一個ハッカ油スプレーを作っておけば虫除けスプレーとしても使えるのでおすすめです。

 

終わりに

夏はまだまだ始まったばかりです。

スーツなんか着る文化作ったバカはどこのどいつだって毎日思うかもしれませんが、少しでも涼しくすごす工夫をして何とか乗り切りましょう。

あと3ヶ月ほどの辛抱です。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です