コーヒードリッパーはハリオV60がおすすめ!オシャレだし美味しいコーヒーが楽しめるぞ!

ハリオV60

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

以前ハンドドリップコーヒーがすっぱくなる場合の解決策を記事にしました。

ハンドドリップ すっぱいハンドドリップコーヒーがすっぱい?この方法で僕は美味しいコーヒーを手に入れました

その時は知らなかったのですが、最近ハンドドリップコーヒーが美味しくなるという魔法のドリッパーの存在を知りました。

それがハリオのV60というドリッパーです。

実際に購入して使用してみたところ、確かに以前より香りが良く美味しいコーヒーが入れられるようになりました。

とてもおすすめのドリッパーなので、どんなものなのかシェアします。

ハリオ V60の特徴

ハリオV60のドリッパーが他のドリッパーと大きく異なるのは次の3点です。

ハリオ v60
引用元:INTERIOREZ

円すい形

一般的なドリッパーは扇形になっているのに対し、ハリオV60は円すい形となっています。

コーヒー粉の層が深くなり、より多くのお湯がコーヒー粉のフィルターを通過することで、しっかりとコーヒーの旨味を抽出することが可能になるのです。

スパイラルリブ

リブの形が通常はまっすぐですが、ハリオV60はスパイラル系です。

これはドリッパーとフィルターがくっついてしまうのを防ぐためであり、空気の通り道を作る役目を果たします。

空気の通り道が出来るということは、お湯を注いだコーヒー粉が膨らみやすくなるということです。

確かに扇形のものと使い比べてみると、ハリオV60の方がコーヒー粉が膨らみやすいのを感じます。

扇形だと一人分10g程度の粉ではあまり膨らみませんが、このドリッパーならそれだけでも結構膨らむので驚きです。

ハリオ v60

大きな1つ穴

コーヒー抽出先の穴が大きな1つ穴だということもハリオV60の特徴です。

これが何を意味するかと言うと、お湯を注ぐ速度によって抽出の速度を変えることが出来るということになります。

扇形のドリッパーだと小さい穴が1つもしくは3つなので、どんなにお湯を早く注いでもそれが流れ落ちる速度は変えられません。

しかしハリオV60なら、早く注げばスッキリとした味わいに、ゆっくり注げば深みのある味わいに抽出することが出来るのです。

言い換えれば、抽出する人によって味が大きく変わると言えるでしょう。

世界中のコーヒーショップで使われている

実はこのハリオV60は世界中のコーヒーショップやバリスタさんに愛用されているみたいです。

僕の住んでいる街のコーヒーショップも、ハンドドリップコーヒーを淹れる際はどこもこのドリッパーを使っていました。

星野珈琲などのチェーン店でも使用されているのを見たことがあります。

多くの人が使っているということは、それだけこの製品が優れていることの証とも言えるでしょう。

実際に使用した感想

見た目がオシャレでかっこいい

まずその見た目がオシャレです。

透明でプラスチック素材のものと、色付きで陶器のものがありますが、僕は見た目とコストから前者を選びました。

ハリオV60 オススメ オシャレ

家がもっと広くなって、色々とコーヒーグッズを揃えられるようになったら↓のセットで購入するつもりです。

ハンドドリップコーヒーがより美味しくなった

以前使っていた扇形のドリッパーで淹れるよりも、ハリオV60で淹れたほうが間違いなく珈琲が美味しくなりました。

なんというか、香りに深みが出たような感じです。

恐らく円すい形のフィルターと、スパイラルリブ形状のおかげでしょう。

お湯を注ぐ速度でどこまで変化するのかはまだ確かめていないので、これも今度実験してみたいです。

美味しい淹れ方については以下の動画を参考にしてみてください。

デメリット

デメリットと言うほどでもありませんが、ハリオV60では扇形用のフィルターが使えないため、若干コストが高くなります。

また、購入できる場所も扇形のものほど多くはありません

扇形だったら100均やホームセンターで安く手に入れることが出来ますが、円すい形のフィルターは100均にはないんですよね。

1枚あたり2~3円ぐらい上がる程度なのでコスト面ではあまり気にはなりませんが、売っている場所が限られているのは少し厄介です。

ネットで購入すればいいだけですが、近くのスーパーや100均で手に入らないのは少しデメリットかも知れません。

終わりに

もしあなたがハリオV60以外のドリッパーを使っているなら、今すぐ変えてもいいんじゃないかってぐらいオススメです。

インテリアとしてもオシャレに陳列でき、かつ美味しいコーヒーを淹れられるドリッパーを僕はハリオV60以外に知りません(笑)

プラスチック製のものならフィルターと合わせても1000円以下でゲットできるので、是非一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です