オンライン英会話ならNativeCamp(ネイティブキャンプ)がおすすめだ!

nativecamp

こんにちは。Kenです。

先日の記事でも書いたとおり、僕は現在英語学習に力を入れています。

同じように英語学習に力を入れているけど、なかなか英語が上達しなくて困っている方いませんか?

読み書きだけだったら参考書や問題集をこなせば上達するかもしれませんが、なかなか上達させるのが難しいのがスピーキング力だと思います。

そんなスピーキング力を高める方法として僕はオンライン英会話を使っているのですが、これがすごくおすすめ。

オンライン英会話は聞いたことあるけどどれがいいのかわからないって方のために、是非僕が使っているNativeCamp(ネイティブキャンプ)を使ってみて欲しいです。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の特徴・メリット

NativeCampは多々あるオンライン英会話サービスの1つであり、僕が現在利用しているサービスでもあります。

ちなみにオンライン英会話というのは、どこかに行って講師と対面してレッスンを受けるタイプの英会話ではなく、スマホやパソコンを介することで、場所を選ばずに受けられる英会話レッスンのことです。

他の多くのオンライン英会話サービスと同様に、NativeCampの講師はフィリピン人となります。他の国籍の方はいないみたいです。

そんなNativeCampのメリットをいくつか紹介します。


料金が安い

NativeCampの特徴の1つとして、その料金の安さがあります。

他社では1日30分しか話すことが出来ないのに5,000円以上かかったりしますが、なんとNativeCampでは月額4,950円で話し放題です。

1回25分ですが、1日何回でも話せるので、話せば話すほどコストが下がる計算になります。

ちなみに駅前留学とかしようとしたら、1ヶ月で万単位のコストがかかりますので、オンライン英会話はコストの面で圧倒的にメリットがありますね。

独自のアプリを使用

先ほどもあげましたが、NativeCampではSkypeは必要ありません。

他のオンライン英会話サービスではSkypeをダウンロードし、講師を友達に追加して・・・なんて作業が発生しますが、ここでは必要ありません。

NativeCampのアプリをダウンロードし、ログインして空いてる講師を選べばそれですぐ講師との通信が始まります。

独自アプリだからといって音の品質が悪いといった印象はありません。講師のカメラの画質はそこまでよくありませんが、これはほとんど関係ないと思います。

たまに通信状況が悪くて聞き取りにくかったりしても、一度接続をやり直すことができ、それをすればたいていすぐ良くなるので、全く問題ありません。

Skypeを使わないというだけでも僕的にはかなりの好ポイントです。

予約不要

NativeCampの最大の特徴は、予約不要で利用できるところです。

ログインして空いてる講師がいれば、その場ですぐ英会話を始めることが出来ます。

思い立ったらすぐ利用できるというのは、英語学習においては何よりの強みだと思います。

やり始めればわかると思いますが、予約するタイプだとまず予約するのにエネルギーが必要になるんですよね。講師も選ぶ必要がありますし、何よりやろうって思ってから実際にやるまでの時間にラグが発生します。

このラグがあることで、利用を躊躇してしまうこともあるのです。

しかし予約不要なことにより、思い立ったらいつでもどこでも英語を話す環境に身をおけることになります。これは英語学習を継続する上でも、非常にありがたいことだと思います。

 

ちなみに予約も出来るのですが、お金がかかってしまいます。

なので普通に予約してからレッスンを受けたいという人は、他のオンライン英会話サービスの方がもしかしたらよいかもしれませんね。

NativeCampのデメリット

講師が全員フィリピン人

発音を特に気にする方の場合、講師がフィリピン人しかいないというのはデメリットかもしれません。

フィリピンでは英語が第2公用語でもあるので、基本的には講師はみんな英語が上手です。

発音も綺麗ですし、とても流暢な英語を話してくれます。

ただし一部発音が独特なところもあるので、これが気になる方は他の国籍の講師が選べるサービスを利用したほうがいいかもしれません。

個人的には多少気になるものの、目的はこっちが英語を話すことなので、そこまで大きな問題じゃないと思っています。

特にあなたがもし英語初心者なら、発音なんか気にしてしゃべれなくなるよりは、とにかくしゃべる機会を増やすほうが良いと思うので、ここは気にしなくて良いかと。

予約にお金がかかる

NativeCampでは他のオンライン英会話サービスと異なり、予約にお金がかかります。

具体的には1回200コイン、つまり1回200円ですね。

どうしてもお気に入りの講師のレッスンを受けたいとなると、課金が必須になるところがデメリットだと言えます。

講師なんか誰でもいいからとにかく話したいって方にはおすすめできますが、ちゃんと自分のお気に入りの講師にレッスンしてもらいたいという方は別のサービスを検討してみてもよいかもしれません。

ただし、どこのサービスでも人気講師の予約が取りにくいのは同じですが。

予約不要だが、レッスンは争奪戦

予約はいらず、ログインしたときにちょうどフリーの講師がいればすぐにレッスンを受けることが可能なのですが、それも実は簡単とはいえません。

何故ならクリックした次の瞬間には、誰か別の人があなたより先に僅差でクリックしており、レッスンを開始できないことが多々あるからです。

なのでレッスンを受けるには、絶えずサイトを更新し続けて、フリーになったらすぐクリックする必要があります。それでもダメなときも多々ありますが。

 

以下パソコンからログインした場合の画面になりますが、講師の名前の左のアイコンが緑になっていればレッスン可能。現時点では全ての人が対応不可能な状態です。

nativecamp1

講師をクリックすると以下の画面に映ります。右上の取り込み中というところが「今すぐレッスンへ進む」となったらその瞬間にクリックすれば、運が良ければ受けられます。

nativecamp2

終わりに

僕がNativeCampに決めた理由は、予約不要で空いていればその瞬間レッスンが受けられるからです。

早朝は比較的受けやすいですね。朝5時に起きて、それから予約する必要があったら途中でやる気をなくしますが、起きてワンクリックでレッスンへ進めるのは本当にありがたいです。

最初の1週間は無料で試せるので、是非一度試してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です