楽天でお中元を手配すればポイント稼げます。アイスがおすすめです(笑)

ベンチャー=仕事が楽しいではない。自分にあった場所で働くことで、仕事は楽しめる

ベンチャー 仕事 楽しくない

仕事がつまらなくて転職活動をし、ベンチャー企業に就職したことがあります。

WantedlyやTwitterをみると、ベンチャー企業ってすごく仕事が楽しそうに思えませんか?

働く人のインタビュー記事なんかを見ると、皆さんとても生き生きとしながら働く様子が載ってますよね。

高い目標を持ち、仕事を楽しみまくってる。

そんな方々が集まっているのが、自分の想像するベンチャー企業でした。

そして自分もそんな企業に入れれば、今より仕事を楽しめるはず。

そう思って転職したのですが、残念ながら自分の場合はそううまくはいかなかったのです。

ベンチャー企業では求められるものが多い

それぞれに職務があり、基本的には自分の仕事をメインに完結させれば良い企業とはことなり、ベンチャー企業では個人に求められるものが多いです。

たとえ営業担当で入ったとしても、本来であれば総務がやるような仕事であったり、やらなくてもいいけどやったほうが良さそうなことは全部やる必要があります。

例えば、来客の受付対応やお茶出しといった業務はもちろん、他の社員のことを考えて率先して何かをやる姿勢が求められました。

もちろんそれだけでなく、本業の職務においては結果を出すことが求められます。

正直自分にはこれがキツかったです。

まだ自分の仕事にも慣れてないうちから他の仕事のことも考えさせられ、考えないとダメみたいな風潮は、自分には合いませんでした。

とりあえず本業に慣れさせてくれ、そしたら何でもどんどん率先的にやるから、まずは本業をやらせてくれ・・・

そんな甘い考えは、ベンチャーでは通用しません。

仕事は出来るようになればなるほどどんどん楽しくなるものだと思いますが、楽しくなる前から色々とやらされることが、自分には無理でした。

KPIとかOKRを常に意識させられるのが面倒

4半期のKPIやOKRを設定したら、常にそのことを考えながら仕事をしなくてはいけないというのが非常に面倒でした。

もちろん目標を設定したらそれを達成するためにすべきことをするのは当たり前です。

しかしながら、そのために2週間に1回はチームリーダーとの個人面談や成果発表をしなくてはならないという環境は、なかなかしんどかったです。

甘い目標を言えば叱咤され、高い目標にすればそれを達成できなかった時はつめられる。

それが2週間に1回来るという環境は、自分としてはとても面倒だし、精神的に負担でした。

目標を達成しまくってれば楽しいかもしれませんが、なかなかうまく行っていないときでも常にそれを面談の中でシェアしなくてはいけないという環境は、やってみるとキツかったです。

キラキラ感や団結感は、それに乗れなかったら負担でしかない

皆で一眼となって目標へ向かう姿はとても素晴らしいと思います。

文化祭みたいな感じでワイワイ仕事をできたら、間違いなく楽しいでしょう。

一方で、そうした感じにうまく乗れなかった場合、かなり精神的にきつくなります。

例えば自分の場合、自分の仕事がうまく行っていないときにも関わらず、別の分野で違う目標がたてられ、それに向かって頑張らなくては行けない状況を作り出されることが非常にキツかったです。

なんでこっちがうまく行っていないのに、そっちに時間割かなきゃいけないんだよ、みたいな。

何でもかんでもみんなでやるぞ、って感じのキラキラ感というかワイワイした感じは、正直自分には合いませんでした。

結局仕事ができないと何も楽しめない

結局の所、自分の場合は仕事がうまく行かなかったのが楽しめなかった原因だと思ってます。

自分の仕事がうまく行っていれば、他の仕事のことを考える余裕も生まれますし、更に自分の仕事を良くしようとする余裕も生まれますよね。

しかし自分の仕事すらうまく行かない状況では、何をするにも楽しめませんでした。

別にそこまで深く考える必要もなかったかもしれません。

たとえ今はうまく行かなくてもどうせそのうちうまくいくんだから、とりあえず何でもいいから楽しめるように頑張ろうって思えばよいだけなんですよね。

でも正直、2週間に1回は結果が求められるような環境において、自分はそうは思えませんでした。

自分がうまくいってない中、みんなが楽しそうに仕事をしているのを見るのが辛かったです。

おわりに

タイトルとは少し内容がずれてしまった気もしますが、要は自分にはベンチャーは合わないんだと思います。

仕事辞めて世界一周するような行動力があるんだから、ベンチャー向きだよねっていう他人の言葉にも背中を押されて決めたベンチャー転職でしたが、前年ながらハズレでした。

もちろんたまたま自分が行ったところが自分に合わなかっただけなのかもしれませんが・・・

ちなみに今はベンチャーとは全く異なる会社にいますが、ものすごく仕事が楽しいです。

ベンチャーにいるから仕事が楽しいのではないんですよね。なんでベンチャーに行けば仕事が楽しくなるなんて考えたのか、今から思えば本当に不思議なぐらい。

自分にあった環境にいることが大事ですね。

もしあなたも今仕事を楽しめていないのであれば、今いる環境を変えてみてはいかがでしょうか。

2 COMMENTS

takafumi

こんばんは。
KPIやOKRをググり、理解してからこちらに戻って
記事を読ませていただきました。
Kenさんが今の仕事に就いて本当によかったですね。
ベンチャーのその会社は形だけ海外の企業のマネを
しているのではないかと感じました。
なぜなら2週間毎に成果発表し、チームリーダーに
評価してもらうこと自体が時間のムダだと感じるからです。
成果は数値化してあれば、リーダーだけでなく
経営者が見ればすぐわかるので、発表の必要がないですよね。
ムダなことをしている会社は近い将来倒産するのではないか
と思いました。
ベンチャーにもいろいろあるのではないかと思っています。

返信する
Ken

おはようございます。
今の仕事ではKPIやOKRという言葉は存在すらしないのでギャップがすごいですが、楽しく働けているので本当に転職できてよかったと思います。
おっしゃるとおりで、形だけ真似している感はどことなくありました。最近のベンチャーの流行りなのかもしれませんが、面接で別のベンチャーに行ったときも同様の雰囲気でしたね。
そのやり方が合う人もいるのかもしれませんが、残念ながら自分には合わず・・・

返信する

takafumi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です