僕はなりたい自分になるためにブログを書く

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

僕のブログを訪れてくださり、本当にありがとうございます。

このブログは、僕がなりたい自分になる自分になるために書いています。

僕は今の自分が好きではありません。昔憧れていた自分の将来の姿からは程遠いところにいる自分が恥ずかしいです。

そんな自分から脱却し、かつての自分に誇れるようなかっこいい自分になるために、ブログを通して成長していくつもりです。

そしてこれを読んでくださっているあなたも、もしかしたら同じような悩みを抱えているかもしれません。

そんなあなたが一歩を踏み出せるような勇気も、このブログを通して与えられたらなと、ひそかにたくらんでいます。

Kenのプロフィール

簡単な自己紹介

~製作途中~

年齢:20代後半
職業:ただのサラリーマンで一応営業
趣味:筋トレ・海外ドラマ

サッカーから離れて、何かを変えてみたかった

小さいころからサッカーをしており、大学の途中まで部活動でサッカーをやっていました。

特に上手だったわけではありませんが、プレーするのが大好きだったんですよね。

高校も大学も、サッカー部を辞めるまでは本当にサッカー漬けの毎日でした。

やってる時は何度も辞めたいと思ってましたが、今思うとあのころはひたすらサッカーに打ち込めて本当に楽しかったです。

そんなサッカーを辞めたきっかけは、先輩にウザいのがいたということもありますが、サッカー以外の何かをしたいと思ったからです。

サッカーを続けていたとしたら、その先の人生はほぼほぼ読めていました。

そこそこ良い大学で、かつ運動部に4年間所属していた人間は基本的に皆世間で言うよい企業に就職していきます。

先輩もほとんどが例に漏れず、そのルートでした。彼らの就職先は、名前を聞けば誰もが知るような企業ばかりです。

僕もサッカー部を辞めなければ、そういった企業に就職出来る未来があったと思います。いや、恐らく間違いなく就職していました。

しかしあるとき、それってつまんなくねって思ってしまったんです。

サッカーばっかやってきて、運動部ノリでそのままいい企業に就職して、そこで出世し結婚してマイホーム・・・

それが出来る人と出来ない人で言ったら恐らく出来ない人の方が多いと思うので、その人生はきっと悪くはないし、むしろすごいと思います。

だけど僕はそんな人生を選べなかった。

世界一周の旅へ

そうして僕は大学の途中で部活を辞めました。

誰にも理解されず、先輩とも口論の末、逃げるようにしてサッカーから離れました。

そして僕がやったことは、大学を休学し世界を旅することでした。

部活漬けでお金が無かったので、まずは数ヶ月のリゾートバイトで一気にお金を貯めて、その後半年間で世界一周の旅をしました。

訪れる場所、会う人、見るもの聞くもの全てが新鮮で、まさに世界が一気に広がりました。

その経験の多くは、今でも忘れることの出来ない大切な思い出です。

アフリカ・ジンバブエの陸路国境
世界一周 大学生
スペイン・バルセロナのとある丘の上(ここで野宿した)
世界一周 大学生

結局普通に就職

世界を旅していた時は、将来は世界中を飛び回る仕事がしたいと、そして出来れば旅を仕事にするぐらいにしたいと思っていました。

しかしながら、旅から帰った僕は燃え尽きてしまったのか、特に何かに打ち込むこともなく、ただただダラダラとした大学生活を過ごしました。

就職活動を一度はしたものの、志望していた企業に落ちてしまい、いったん中断。

卒業論文が大変だったことを言い訳に、卒業する年の1月まで卒論に日々をあて、その後2ヶ月弱でまだ募集していたとある外資系企業に就職することになりました。

職場ではそこそこ良い評価を頂くことができ、若手の中でも出世ルートに乗れていたのではないかと思います。

だけどそんな毎日は、何かが足りなかったんです。

毎日同じ時間に家を出て、同じような時間に帰ってくる。

金曜日の仕事終わりに開放感を感じ、日曜日の夕方にサザエさん症候群になる。

そんなごく普通の毎日を送っている自分が嫌で嫌でしょうがなかったです。

再び世界一周の旅へ

就職2年目に、それまで付き合っていた彼女と結婚しました。

大学生で世界一周した時に、今後は愛する家族を出来るだけ早く持ちたいと強く思ったので、その夢はここで叶ったことになります。

しかしそれでも、僕の世界が充実することはありませんでした。

何かが足りない、こんなんじゃダメだ、こんな毎日は嫌だ。新婚なのに、そんなことばかり考えていました。

そして遂に抑えきれなくなり、僕はある決断をしました。

仕事を辞め、嫁と世界一周新婚旅行をすることにしたのです。

そうと決めたら後はもう一瞬でした。会社をやめ、家を引き払い、税金の手続きなどをして、僕らは日本を発ちました。

今度は1年間、嫁と二人で世界一周の旅をしました。

皆が考えるような裕福でキラキラとした新婚旅行ではありません。

ゴキブリが出てくるわお湯は出ないわトイレットペーパーはないわといった宿に泊まるような、いわゆるバックパッカー旅です。

それでもその日々は本当に楽しかった。嫁も色々と大変なことがあったのに、着いて来てくれたことに感謝の気持ちしかありません。

フランスからスペインまでの900km徒歩旅(スペイン巡礼)
世界一周 スペイン巡礼
アイスランドの大自然
世界一周 アイスランド
アウトドアブランド「パタゴニア」のロゴのモデル
世界一周 エルチャルテン

変われなかった自分

帰ったらフリーで働こう、今の時代ブログでもライターでもいくらでも稼ぐ方法はある。

だから住む場所だってどこだっていい、むしろ田舎のほうでのんびり過ごそう!

そんなことを旅の間ずっと考えていたのに、結局帰国した僕が選んだのは再びサラリーマンになることでした。

僕は優秀なビジネスマンになりたかったんです。英語を使って、世界を舞台に戦えるような、すごいビジネスマンになりたかった。

だけど2年で前の会社を辞めた僕には何も実績は無く、またなんのスキルも無いのが現実。

結局入社できたのは、社員100名もいない中小企業でした。

幸か不幸か、その企業での仕事はものすごく楽です。

何で自分を採用する必要があったのかわからないぐらい、言ってしまえば暇です。

大した仕事も出来ないし、大したスキルも身につかない。このままではダメになってしまうのがわかります。

それなのに、僕はその毎日に甘えて何もしてこなかったんです。

定時で帰れるし、家でのんびり過ごす時間があるなんて幸せだろって。自分で自分を納得させようとしました。

だけどそれに満足することは出来なかった。何かしなきゃ、何かしなきゃ、このままじゃダメだってひたすら思い続けました。

ブログを始めた

その結果、僕はブログを始めることにしました。

このダメな日常から少しでも脱却すべく、またもうすぐ30歳になってしまうのに何のスキルも無い自分を変えるべく、毎日学んだことや考えたことを積極的にアウトプットすることにしたのです。

まだ大した成果はありませんが、意識の部分では少しずつ変わってきたと思っています。少なくとも、何をすればいいかわからない、どうすればいいかわからないのに毎日がただ過ぎていく、という状態からは抜け出すことが出来たんじゃないかと思っています。

このブログで書くこと、今後やりたいこと

ブログで書くこと

このブログは特に決まったテーマが無いので、いわゆる雑記ブログになります。

僕が日々インプットしたことや考え学んだこと、それから旅の話などが主な記事になるでしょう。

具体的には、オピニオン・書評・英語学習・旅の話・お金・仕事術といった内容です。

少しでもブログを見てくれるあなたにとって役に立つ内容が書けるよう精進します。

今後やりたいこと

今後僕がやりたいことは、ぱっと思いつく限りでは以下の通りです。

  • ブログを書くことで日常を充実させること
  • 自分を誇れるような、かっこいい自分になること
  • パラレルワークとして、本業以外の何かで稼ぐこと(ブログもその一つ)
  • ブログを通じて、様々な方と接すること
  • また世界を旅すること。まだまだ行きたい場所がたくさんある
  • 嫁と楽しい日々を過ごすための生活の基盤を作ること(つまり稼ぐことになりますが)
  • 終わりに

    長々と読んで頂きありがとうございました!

    もし何かお問い合わせ等があれば、下記よりご連絡いただければと思います。

    これからもどうぞよろしくお願いします。

    広告配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

    サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

    その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。