「何でもいい」じゃなくて「これがいい」と言おう

これがいい

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

どっちがいい?何がいい?と聞かれて、つい「何でもいい」「どっちでもいい」と答えてしまっていませんか?

僕はちょっと前までは大体「なんでもいい」って答えていました。自分で決めるのが面倒だったので、相手に全部まる投げしていたんです。

しかし以前「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」という本を読んでからは、そういうことが減りました。

「何でもいい」という代わりに「これがいい」と言うようになったのです。

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと 四角大輔「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」は自分のバイブルにしたい

「何でもいい」は人に責任を押し付けている言葉だ

「何でもいい」というのは、つまり人に責任を押し付けているのだと僕は思います。

自分で決めたくないから、自分で決めてその結果生じる事象に責任を持ちたくないから、無意識のうちに「何でもいい」と答えてしまうんですよね。

それは単なる責任逃れの言葉でしかありません。

もしかしたら、相手に気を使って言う場合もあるかもしれません。

例えば彼氏や彼女に「今日お昼何食べたい?」って聞かれて「何でもいい」と答えるのは、相手が食べたいものを食べようといったふうに、相手のことを考えての発言とも言えるでしょう。

しかし聞いた側は、そう答えられると結構困ってしまうこともあるのです。

相手のことを考えて答えたように見えて、実は想いがすれ違っていたりするんです。

「これがいい」と言える勇気を持とう

それを避けるためにも、是非積極的に自分の意見を表に出し、「これがいい」と言える様になりましょう。

何事に対しても自分の意見を持つことは大事です。そうすることで、自分の言動や行動に対して責任を持つことができるようになります。

人に流されて生きていくのはものすごく楽です。それってつまり全てを人のせいにして生きているようなものですからね。

だけどそれって、正直かっこよくないと思うんです。

僕は、かっこいい大人だったら自分の意見をしっかりと持つべきだと思うし、自分の言葉に責任を持つべきだと思います。

そのためにも、「何でもいい」といって逃げるのではなく、「これがいい」と自分の意思をしっかりと表すことが大事なんです。

初めは勇気がいることかもしれません。自分ではこれがいいと思っていても、相手はどう思うかはわからないですからね。

だけどそのときはそのときです。もし相手が別のものがいいと言ったら、そっちにするなりもう一度話し合うなりすればいいんです。

それを最初から衝突を避けて「何でもいい」と言うのはもうやめにしましょう。

終わりに

常に人の態度ばかりを伺って、人に流される人生なんて嫌じゃありませんか?

僕は絶対に嫌です。少なくともそれがかっこいいとは思えないし、そんな大人には絶対になりたくないです。

だから僕は勇気を持って、「これがいい」と言える様に努力しています。

普段あなたが「何でもいい」とついつい言ってしまうようなら、是非「これがいい」と言ってみてはいかがですか?

その瞬間から、あなたは自分の人生を主体的に生きられるようになるんじゃないかと、僕は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です