HUAWEI P10 liteに変えたらストレスフリーになった。arrows RM02がひどすぎ

HUAWEI P10 lite

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。

先日書いた以下の記事でも触れましたが、このたび携帯を新しくしたところ、ものすごくストレスフリーになりました。

投資毎日使うものに投資すべきという話

こんなことならもっと早く変えておけば良かったです。

もしHUAWAI P10 liteの購入を迷っている方、または富士通のarrows RM02 (M02)を使っている方がいたら、是非この記事を読んで見てください。

結論から言ってしまえば、おさいふケータイに未練がないのであればHUAWAI P10 liteはコスパ最強の携帯ですよ!

P10 liteとarrows RM02 (M02)の比較

スペック

HUAWEI P10 lite
 

P10 liteRM02
CPUKirin 658 オクタコア
2.1GHzx4+1.7GHzx4
クワッドコア1.2GHz
ディスプレイ5.2インチ5インチ
メモリ(RAM)3GB2GB
ストレージ32GB16GB
microSD最大128GB最大32GB
アウトカメラ1200万画素810万画素
インカメラ800万画素240万画素
ポートmicroUSBmicroUSB
特筆すべき機能指紋センサー防水・おさいふケータイ

基本的なスペックはP10 liteが全て上です。

後ほど使用感等も書きますが、使った感じもほぼ全てにおいてP10 liteが上回ります。

ちなみに最新の富士通arrows M04ですら、上記のRM02とスペックだけで見たらほぼ何も変わりません。

石鹸で洗えるをUSPにするとか、一体何考えてるんでしょうね。

そんなアホみたいなところを売りにしてるからダメなんだと言いたい。

富士通 arrows RM02(M02)の唯一のメリット

正直arrows RM02のメリットが少なすぎたので、先にこっちから書きます。

メリットはずばり、防水とおさいふケータイが使えることです。

このどちらもP10 liteにはないので、ここだけ見ればRM02の方が上となります。

個人的におさいふケータイは使いまくってたので、ここだけは機種変更する際に最後まで悩みました。

が、あまりにスペックがひどすぎて使い物にならず、毎日使うだけでイライラするレベルだったので思い切って変えてしまいました。

思えば過去に使っていたiPhone5sもおさいふケータイはなかったので。それでも使い心地は良かったんですよね。

結果、変えて正解だったわけですが。

HUAWEI P10 liteのメリット

レスポンスが早い

とにかくレスポンスが早いです。さすがメモリが3GBなだけありますね。

iPhoneとか使っているとレスポンスの速度なんか気になることはないと思いますが、安いSIMフリー携帯とか使ってみると驚くと思います。

以前使用していたRM02も、レスポンスがとにかく遅くて毎日イライラしていました。

LINEアプリ立ち上げるのに5秒以上かかり、キーボードをタイプするのにいちいち止まったりと、一体いつの時代の化石だよって思うぐらいでしたね。

P10 liteに変えてからはほんとサクサクで驚いています。

指紋認証が便利すぎる

P10 liteは背面に指紋センサーがついており、iPhone同様に指紋でロック解除が出来ます。

これがとにかく便利。個人的には以前使ったことのあるiPhone5sのそれより圧倒的に感度がよく、一瞬でロック解除できます

あまりに反応が早いので、特に解除する必要がないときでも解除して遊んでしまうぐらいです(笑)

パスコードとかもう2度と使わないと思います。おかげで他の人にロック解除される心配がなくなりました。

余計なアプリがプリインストールされていない

SIMフリー携帯なので、キャリアのアプリ等が全くインストールされていません。

強いてあげるなら、独自の電卓アプリ等の通常携帯が持つ機能のアプリと、Google関連だけですね。

前は楽天モバイルで買ってしまったので、楽天系のごみアプリがたくさんプリインストールされていて困りました。

余計なアプリがたくさんあるとメモリ使いますからね。それがもともとないだけで本当にありがたいです。

コスパが良い

買うタイミングと場所にもよりますが、P10 liteは2万5千円程で購入することが出来ます。

なのに携帯のスペックを評価するベンチマークテスト等のスコアを見ても、他のミドル~上位機種と同じぐらいのスペックなんですよね。

最高にコスパが良い携帯です。

無駄に高い金を払って同じくおさいふケータイのついてないiPhone(7はついてますが)にするぐらいなら、P10 liteにしたほうがよっぽどコスパがいいと思います。

話を聞くと、androidよりiPhoneの方がゲームアプリをするのには良いらしいですけどね。そこ拘らないのであれば、2万5千円で購入できてサクサク動くP10 liteで十分です。

終わりに

P10 liteのこの安さでこのスペックには本当に驚きました。

こりゃ日本のメーカーが負けるわけです。石鹸で洗えるとかほんとなんだよそれ、アホじゃないの。

世界一周したとき、1回目は日本の電化製品をたくさん見かけたのに、2回目はその多くが韓国製などに変わっていたことにびっくりしましたが、その理由が最近はほんとよくわかります。

日本製品って、特に最近は高いくせに大してすごくないってのが多いんですよね。

だからみんな同じぐらいのスペックで圧倒的に安い韓国製や中国製を選ぶようになるんです。

ほんとどんどん世界に置いてかれてやばいですよ。先行き不安すぎる。

今までは中国製のスマホとか興味なかったかもしれませんが、もし機会があるなら是非一度手にとって見てください。

その質の良さに間違いなく驚くはずです。

そしてHUAWEI P10 liteは心からおすすめできる機種なので、是非使ってみてくださいね。

富士通のSIMフリー携帯はほんとやめたほうが良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です